出会いに光はいらない?!「暗闇合コン」が普及の兆し

スポンサーリンク

人見知りでも相手と仲良くなれる?!”暗闇合コン”

合コンや街コン、婚活パーティーと、独身の男女が出会いを求める場は多様化し多様化していますが、初対面の人と話すのが苦手という人は決して少なくないと思います。

「恋」にあまり関心がなかったり、異性と話すのが苦手な”草食系”の人が増えていると言われていますが、ネットスラングにおける、”コミュ障”の人でも異性と仲良くなれる出会いの場が注目を集めていると言われています。

深夜0時過ぎ、気温が10℃以下であるにも関わらず集まった17人の男女。

彼らの目的は、なんと”深夜徘徊”。

駅から駅へおよそ10kmをひたすら歩くという”深夜徘徊合コン”です。

初対面どうこうじゃなく、向かい合って話すのが苦手な人たちですが、前を向いて歩くことで相手の顔を見ずに話せて会話が続くとのこと。

「暗闇の合コンだから可愛くなくてもトーク力があればたぶん行けると思う」と話す女性もいたようです。

参加者の一人、あさいさん(20代)は、「暗いし、相手の顔もよく見えないからそんなに緊張することもなかったかな」と話す。

あさいさんの横を歩いた31歳の男性は「楽しかった。こうやって出会えるし、散歩自体楽しいし、自分にとっては敷居が低く参加しやすい。」と話す。

直接異性と連絡先を交換するのはハードルが高いという人も、事前に配られたカードに気になる相手の名前を書いて提出すると、主催者側から取り次いでもらえるという。

この男性もあさいさんと連絡先を交換できたようです。

所要時間4時間という深夜徘徊を終え、最初は話しづらかった人も最後はしっかりと向かい合って話すことができていたようです。

暗闇を活かした合コンは他にもあって、暗い空間でアイマスクまでして食事会をする”アイマスク合コン”。

お互いの評価のポイントはなんと”匂い”や、手をつないだ時のしっくり感とのこと。

「婚活」という言葉が出てから2018年で10年を迎え、細分化するニーズに応じたニッチなイベントが出てきていると指摘されていますが、晩婚化が進む現代では若い人が結婚や恋愛に興味を持てるいいきっかけになるんじゃないかなと思います。

昔では考えられない出会い方もこれから出てくるでしょうが、実際にニーズがあるサービスが残っていくと思います。

顔じゃなくフィーリングで相手を選ぼうとする手段として、今回の”暗闇合コン”は参加しやすいと感じる人も多いみたいですし、さらに人気が出るかもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする