会えなきゃ意味がない!婚活サイトのメッセージの送り方

スポンサーリンク

前記事で、婚活サイトのメッセージの重要性を記載したましたが、「じゃあ具体的にどうメッセージを送ればいいの!?」と疑問を持つと思います。

ということで、今回は婚活サイトのメッセージの送り方についてのまとめです!

メッセージの目的

まず始めに婚活サイトのメッセージの目的をハッキリとしておきましょう。

婚活サイトのメッセージの目的は

「デートの約束をすること!」です。

だらだらとメッセージのやりとりをしているうちに、メッセージのやりとりをすること自体が目的になっている人が多いと思います。

婚活サイトには婚活をするために登録している人がほとんどですので、長々とメッセージのやりとりをして、結局相手が退会して、じゃあ次は・・・なんてしてる時間はないはずです。

メッセージのやりとりをいくらしても、メッセージだけで結婚相手を決めることはありませんよね。

つまり、婚活サイトは「実際に会うこと」が始まりになるので、メッセージは「会う約束」をすることが目的になります。

婚活サイトの最大の特徴を活かすべき

メッセージの目的をしっかりと頭に焼き付けたら、次はメッセージの送り方を見直してみましょう。

婚活サイトで重要になることは”とにかく多くの人数と会う”ことです。

婚活を成功させるには数を打たないと当たりませんし、せっかく費用をかけて利用するなら、婚活サイトの特徴であり長所の「会員数の多さ」を活かすべきです!

では今回の記事の本題に入ります。

婚活サイトのメッセージの送り方

例を出して流れを解説します。

例えば、

①気になる異性にあらかた「いいね!」を送って、5人とマッチングが成立したとしたら、まず1つのメッセージを作成し、それをコピペして5人全員に送ります。

メッセージの1通目の文章はコピペするか、多少文章をいじるだけで構いません。

全員にメッセージを送る理由は、婚活サイトではプロフィールが残っているものの、実際には既にサイトにログインしていない人などもいますので、5人に送れば1人くらいはメッセージが返ってきたらいいかなという感じなのが現状だからです。
では1人からメッセージが返ってきたとします。
②その人とメッセージのやりとりを始めてから、10往復くらいにはデートの約束にこぎつけることを目標としてください。
※デートの約束の時間帯はなるべく昼間でランチや軽くお茶など、会う時間を短く提案することで、相手の警戒心を和らげることができます
早いんじゃないかと不安になる人もいるでしょうが、自然な流れで会う約束にもっていけば相手も時間を作ってくれるはずです。
好きな食べ物の話⇒〇〇がおいしいお店があるので今度ランチに行きませんか?
③デートの約束ができたら、連絡先を自分から先に教えましょう。
婚活サイトではニックネームなどで名前を登録することが多いので、この時に本名も伝えましょう。
婚活サイトでは女性側にリスクが多いのでもちろん警戒しています。
自分から連絡先を教えることで相手も教えてくれやすくなりますし、ここで教えてもらわなくても、デートの当日相手から連絡が来るはずなので、まずは自分の連絡先を教えることを意識しましょう。
ではこの日の〇〇時に〇〇駅の前で待ち合わせにしましょう!自分の連絡先を教えておきますね!〇〇(本名) 〇〇(電話番号)
 この流れで今までよりは効率良くたきさんの異性と出会えるようになるばすです。

メッセージだけでは判断できない

何度も言いますが、メッセージだけでは交際相手として有りか無しという判断には至りません。

メッセージで会う約束をして、実際に会えれば相手が交際相手として有りなのか無しなのか判断できるようにはなります。

もう一度会ってみたいと思えたらアプローチを続ければいいし、無しと思えば次を探せばいいんです。

つまり、メッセージでいかに多くの異性と約束ができるかが、婚活サイトの婚活の成功を左右すると言っても過言ではありません。

婚活サイトでの婚活がうまくいかないという方は、メッセージの送り方を見直してみてはどうでしょうか。

より多くの異性と出会えれば、この人ならと思える人と巡り合える可能性が上がります!

⇒初デートでの支払いはどうすればいいの!?

⇒おすすめ婚活サイト7選!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする