残りの人生を供に過ごすパートナーが欲しい!独身中高年の悩み

スポンサーリンク

「子供はもう望んでいないけど、せめて残りの人生を供にするパートナーが欲しい!」

年齢が40代を過ぎると「結婚はしたいけど、子供はもう望めない」という女性も増えてきます。

母体的に子供を生むことが難しいのでひとつの選択肢だと思います。

しかし、「せめて余生を供に過ごすパートナーが欲しい」という人もいるのではないでしょうか。

同じ考えを持った男性と出会えればいいのですが、子供を望まない男性は少数派なので出会い自体は少ないかも知れません。

男性の中にも子供を望まない似たような考えの人はいますが、男性は子供を望める年齢が長いため、結婚してみて「やっぱり子供が欲しい」と考えが変わり、離婚につながる可能性があるという話もあります。

子供のことは同じ考えを持った人同士が、事前にお互いの意思をしっかりと確認していないと、後々考えが衝突してトラブルにつながる可能性があります。

子供を望まないのならばパートナー探しは焦る必要はないです。

時間をかけても”同じ考え方”を持った人に出会うことが大切です。

”余生を共に過ごすパートナーを見つける方法”

そろそろ次に
人生のパートナーを探す方法として

”男性50歳~””女性45歳~”が対象の

中高年の出会いのサービス【オーネットスーペリア】

があります。

※サービスエリア:関東、関西、東海、九州

”オーネットスーペリア”は「中高年のパートナー探し」がテーマなので自分のペースでパートナーを探せます。

イベントなどをきっかけに同年代の人たちと楽しい時間を過ごしながら、気の合う相手が見つけることができます。

”なぜパートナーを見つけられるのか”

”年齢で入会資格を制限”

入会資格が”一定以上の年齢”で制限されているので、気の合う同世代との出会いが可能!

◆入会資格

男性 50歳以上
女性 45歳以上

”充実したイベント”

様々なテーマでイベントが開催されていて、イベントを通して仲良くなれるので、連絡先も交換しやすい!

イベントは、パーティー、ゴルフ、クッキング教室、ランチ会、神社巡りなどがございます。

イベントを楽しむ中で、相手のふとしたやさしさなどを感じたときに相手の魅力に気付けるのだと思います。

”リーズナブルな料金”

結婚相談所に分類されているものの、料金設定がリーズナブル!

◆利用料金

入会金 30,000円+消費税
月会費 10,000円+消費税
オプション 3,000円~+消費税

結婚相談所の場合、入会金、月会費の他、成婚料なども発生する相談所もあり、トータルで30万くらいはかかると言われています。

”入会前にしっかりとした審査がある”

結婚相談所なので、しっかりとした入会審査があり「独身証明書」や「身分証明書」の提出が必要になりますが、利用者が安心してサービスを利用できるための制度です。

◆提出書類

  • 契約者の氏名・住所・生年月日を確認できる公的な証明書の写し
    (健康保険証、運転免許証など)
  • 公的に独身を証明する書類(原本)1通
  • 最終学歴を証明する書類1通
  • <男性のみ>
    収入・職業を証明する書類の写し
    (源泉徴収票、確定申告書など)
    ※年金受給者は、年金受給証明書、年金振込通知書など
  • ご登録用の写真1枚/カラーサービス版(8×12cm)

”まとめ”

パートナー探しのための方法として”Rakutenオーネットスーペリア”をおすすめする理由は

・年齢制限

・多彩なイベント

・リーズナブルな利用料金

・しっかりとした入会審査

時代的にも生涯独身率は高くなっていますし、子供を望めない立場になってしまったという人も多いです。

せめて”余生を豊かに過ごすためにパートナーを見つける”のは良いことだと思いますので、少しでも興味を持ったという人はまず”資料の無料請求”でご自身の目で見て、入会を考えてみてはどうでしょうか。

⇓資料の無料請求はこちらから!
そろそろ次に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする