婚活女性が婚活に活用すべき定番料理と会話

スポンサーリンク

「婚活でよく料理のことを聞かれるけど、どう話せばいいの!?」

料理は苦手じゃないし、練習もしてるけど、男性に伝えるにはどうすれば効果的なのかわからないという女性もいるのではないっでしょうか。

男性が喜ぶ定番料理も話し方ひとつで「この人の手料理を食べたい!」と思わせることができます!

結婚すれば毎日手料理を食べることになるので、結婚を意識させるには料理は効果的です。

料理のことをうまく伝えれば、気になる男性にもアピールできるし、会話も弾むし、家庭的な部分を想像させることができます!

ということで、女性がひと工夫すべき定番料理と、それを活かす会話をまとめました!

ハンバーグでの会話

ハンバーグが嫌いな男性はいないと言っていいでしょう!

ハンバーグと一言でいっても手ごねでいちから作ったり、ソースを自分で作ったりすると話せば男性は「おおっ料理できそう!」と思うものです。

それに煮込みハンバーグやチーズ入りハンバーグなど、さらにひと工夫できれば男性は「この人の手料理を食べたい!」と思うわけです。

気になる男性に自然に手料理をごちそうする口実にもなるし、料理が上手というのは結婚を意識させるポイントになるので、絶対にアピールしましょう!

オムライスでの会話

オムライスも嫌いな男性はいないと言ってもいいでしょう!

オムライスを好きな男性には「昔ながらの固めの卵と、とろふわ卵どっちが好き?」などさらっと聞いたり「ケチャップとデミグラスソースは?」なんて聞けちゃったりすると、「料理を普段からやってるんだろうなぁ」と思わせることができます。

「チキンライスも味付けにこだわってる」とか言うだけでも、一つの料理でバリエーションがあって、「毎日違う料理を作ってくれそう!」という印象も与えることができます。

実際にオムライスも作れるバリエーションを増やしておけば、会話に現実味が出ます!

カレーでの会話

カレーも嫌いな男性はいないと言ってもいいですね!

カレーも人によってはこだわりがあり、チキンカレーやビーフカレーにキーマカレー、まぁきりがないですね。

「カレーはドロッと系が好きですか?サラッと系ですか?」とか「野菜は大きめに切るのが好きですか?小さめですか?」と、家庭的な部分をリアルに想像させることができます。

トマトカレーなど一工夫するものを作ると、「この人の料理には飽きなさそう!」と思わせることもできます!

一生を共にする相手を選んでいるので、相手に楽しそうな結婚生活を想像させることは重要なのです。

まとめ

婚活女性は料理のことを会話の中でアピールすることで、他の女性より一歩リードできるはずです!

定番の料理でも会話を工夫すれば、相手に結婚生活を想像させることもできます。

特に、料理が得意な女性は「料理が得意」と一言で伝えるのはもったいないです。

料理での会話を工夫することで、デートにも誘いやすくなるし、家庭的なイメージを与えられるし、女性として大きな魅力にできます。

異性との会話が続かないという女性も、料理の話は質問も考えやすいし効果的だと思います。

婚活するなら女性の武器を最大限活かして、希望の男性をゲットしちゃいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする